AGA治療

AGA治療は保険適応外です

AGAになってしまう原因と治療方法

男性型脱毛症を引き起こす原因とは

agaは、日本人男性の約3割が悩まされている男性型脱毛症です。10代でも約1割の人が悩まされており、人知れず悩んでいる人も多いです。男性だけでなく、女性でも脱毛症に悩んでいる人が多くいます。暴飲暴食や睡眠不足などで生活サイクルが乱れると、たんぱく質や亜鉛が体内から排出され、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンが増加します。DHTは健康な成長に必要な大事なホルモンですが、脱毛を促進するホルモンでもあります。体内のDHTが多くなると、脱毛症を引き起こしてしまい、毛が薄くなるのです。ストレスも男性型脱毛症の大きな原因です。ストレスがたまるとホルモンのバランスが崩れてしまい、脱毛を引き起こしてしまいます。近年はストレス社会で、ストレスをためている人が沢山います。普段からストレスを発散し、脱毛症を予防しましょう。

男性型脱毛症は、健康保険が適応されていません。病気として認められておらず、治療費がそれなりにかかるのが現状です。厚生労働省が、脱毛症を美容分野として分類しているので、保険適応外なのです。基本的に、aga治療費は自己負担です。aga治療は、メスを入れたり物理的に髪を増やすことはせず、ミノキシジルやフィナステリドなど、薬での治療が基本です。治療薬は決して安いものではなく、一度の診察で約3万円ほどかかる場合もあります。病気が原因で男性型脱毛症になった場合は、医療費控除が適応されることもあります。医療費控除は、一年で10万円以上を医療費として使った場合のみ、一部返金される制度です。この制度は、10万円を使った証明として、一年分のレシートが必要です。病院を利用したときは、レシートを捨てずに大事に取って置きましょう。病院に行くときに利用したタクシーの料金も対象なので、レシートを貰うのを忘れないように気をつけましょう。

実績のある病院を選ぶことが大切

AGA治療を専門に扱っている病院で治療を受けることができます。保険のきかないaga治療は決して安いものではありませんので、病院選びは最も大事なことです。治療薬には、副作用を引き起こしてしまうものもあるので、先生選びも慎重にしましょう。あまりに高すぎたり安すぎる病院は避け、実績のある病院を選ぶことが大切です。治療費を気にして、費用の安すぎる病院を選ぶと治療の効果を感じられないことも考えられます。少々高いと感じても、腕のいい先生のいる病院を選びましょう。

人気記事ランキング